2017年05月23日

整体通って美しくなる

栄養不足のダイエットは美しくない。

ダイエットのために食事を抜いたり極端に減らしたりすと元気は体や健やかな美しさに必要な栄養も足りなくなってしまいます。

すると肌荒れや神のパサつき、爪がもろくなるなどに耐え目に影響するだけではく免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり、体調を崩す原因になったりします。

特に注意したいのがタンパク質です。タンパク質は効率よく燃やす体つくりに欠かせない、筋肉のもととなる栄養素。

筋肉が増えれば基礎代謝が上がりリバウンドもしにくくなると言われます。

良質なたんぱく質が豊富な魚や豆腐などの大豆食品をしっかりとるようにこころがけましょう

脂質の多い肉類はカロリーも高いので控えめに。

また体の調子を整え健康の基本となるビタミンやミネラルも忘れずにとりましょう、美容にも役立ちます。、

ビタミン、ミネラルは互いに協力しあって働くためバランスをとることが大切です。

天理市でやさしい整体でも体のバランスが整うのでエイジングケアもできるようです。
  
Posted by かよりん at 19:10Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

若々しさをキープしたいとき

年齢を重ねるにつれて皮膚はしだいに張りを失いしわやたるみが目立ってきます。

しかし肌の老化のスピードには個人差があり、実際の年よりふけて見える人もいれば年齢を感じさせない若々しい肌を保っているひともいます。


そもそもはだはどうして老化するのでしょう。

表皮は厚さが0.1~0.3mm程度のごく薄いそうで表皮細胞、メラニンをつくる色素細胞、免疫応答に関係するランゲルハンス細胞がぎっしりと詰まっています。

表皮の一番したので新しい表皮細胞が作られその後約14日間で表皮の一番外側に届き角質層になります。

角質層は細菌やウイルス、アレルギーを引き起こすものとアレルゲンなどから体を守るバリアとなっています。

又体の水分を調節する役割もになっています。

角質層に含まれる水分の量によって皮膚が滑らかになりかさついたりします。

また角質層はバリアとして皮膚の水分が蒸発するのを防いでいます。角質層は約14日間で赤としてはがれて落ちて行きます。

この表皮の生まれ変わりをターンオーバーと言います。ターンオーバーの周期は加齢によって長くなります。

これは加齢にによるホルモンの分泌低下や幹細胞減少に関連しています。

ターンオーバーの周期が長くなるとメラニン色素が皮膚に残りやすくなり、シミやくすみの原因のひとつとなります。
  
Posted by かよりん at 19:09Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

足腰鍛えて筋力UP

進んで外にでる。

従来高齢になると老化や何らかの病気が心身機能を低下させその結果生活の自立が難しくなるのだと考えれれてきました。

しかし心身に障害が無くても家に閉じこもりがちになる事で心身機能のが弱ってくることが分かった。

その結果閉じこもりがちな高齢者は心身障害があって外出できないタイプと、日常性生活に問題がないのにほとんど外出しないタイプにわけられます。

疾病や障害は閉じこもりの大きな要因です。

しかし閉じこもりがちな生活そのものが高齢者の心身機能の低下をもたらす危険分子であることが分かってきました。

機能は使われなければ失われるもの。

特に足腰の骨、筋肉は使わなければ早く衰えていきます。
  
Posted by かよりん at 19:08Comments(0)TrackBack(0)